子供の栄養不足を補助するのに最適な方法とは?

子供の栄養不足を気にする方は必見!栄養不足の他に足りていないものがありませんか?
子供の栄養不足を補助するにはサプリを用いて補助するほかにある習慣が大切になってきます。

 

 

身長を伸ばすためには、必要な栄養素とその栄養素をしっかり体に吸収させるための機能が必要です。
普段の食事でどうしても不足しがちな栄養素を、サプリで補助すると共に、以下の事項に気を配ることが大事です。

 

 

成長期に取り入れるべきサプリは、その人気度と中身が重要です。

 

 

身長を伸ばすためには、必要な栄養素とその栄養素をしっかり体に吸収させるための機能が必要です。

 

 

大人になってからではなかなか身長を伸ばすことはできないのはあなたもご存じの事と思います。
ですから、成長期のうちに効率よく身長を伸ばすことが非常に重要です。

 

 

成長期の時に身長を伸ばす為の環境を整えておくことが、
その後大人になった時の身長の伸びしろが大きく変わってきます。

 

 

そのために背伸びるための栄養素が入ったサプリと共に、以下の4つの事項に気を配ることが大事です。

 

十分な睡眠をとる

 

思春期に必要な睡眠時間はおよそ7〜8時間と言われています。
これには、これには学習したことを脳にしっかり定着させるためと、

 

記憶したことを引き出して応用するなどの機能を働かせるためには、
脳を休ませる必要があるためです。

 

 

特に、勉強や部活動などを主として生活する成長期の子にとっては、
脳の前頭連合野、使った体の筋肉を休ませる為に、睡眠が絶対に必要です。

 

 

しかし、最近の子は十分に睡眠をとれている子が非常に多くなっています。
眠いと言っている子たちは、睡眠の絶対量が足りていない子が多くを占めます。

 

 

夜遅くまでゲームやテレビ、スマホいじりをしている、
受験勉強で夜遅くまで起きているなどがよくある理由です。

 

 

最近では、夜遅くまでお店が開いていたり、町自体も明るかったりするので
帰宅時間も遅くなりがちです。

 

 

その分睡眠時間が削られることになります。
さらには、スマホの普及によって、夜寝る寸前まで光を浴びています。

 

 

光が脳への刺激が強いため、脳が休むことが難しくなり、
”睡眠の質”が悪くなってしまいます。

 

適度な運動をする

 

運動をする事でも成長ホルモンは分泌されます。
さらに骨への刺激が成長をさらに促進させます。

 

 

しかし、あくまでも適度が大事です。
あまりにもハードな筋トレなどは逆に身長の伸びを抑えてしまいます。

 

 

成長ホルモンが筋肉の修復に使われてしまい、
身長を伸ばすことを後回しにしてしまうからです。

 

 

筋肉をつけるためのハードな筋トレは1回を1時間以内とし、
同じ筋肉を鍛えるなら必ず1日は空けましょう。

 

食事の内容に気をつける

 

食事は体を作るための大切な栄養源です。
体を作る栄養素として、タンパク質とカルシウムを多く採るような食事にしましょう。

 

 

その他、これらの成長の土台となる栄養素の働きを助ける
ビタミンやミネラル、炭水化物も重要になります。

 

サプリで栄養素を補助する

 

全ての栄養素を食事で摂るのが理想ですが、なかなかそうはいきません。
中々食事で摂りにくい栄養素として「アルギニン」と「BCAA」があります。

 

 

これらの栄養素は食事では摂り足りない栄養素です。
それを補助するためにサプリを摂ることで、より効率よく成長のサポートをしてくれます。

 

 

ただし、サプリの過剰摂取は禁物です。過剰に摂取すると肝臓へ負担が掛かってしまいます。
用法・容量は守って摂取しましょう。

 

まとめ

 

これらのように身長を伸ばすために必要なことは、主に栄養と運動、十分な睡眠になります。
運動も適度なものにして、あまり負荷をかけすぎないようにすることも大事です。

 

 

負荷の掛けすぎによって、あまり背が伸びないうちに筋肉がついて
背を伸ばすことに栄養が使われなくなっては伸びるはずの背も伸びることが出来なくなってしまいます。

 

 

子供の栄養不足をサプリで補助し、尚且つ睡眠、運動が必要ということを覚えておきましょう。